皆様こんにちは(^^) 池田です。

皆さんは「共感覚」って聞いたことありますか??

どんなものかとざっくりいうと
音を聞いた時に色が見えるとか
匂いを嗅いで色が見えるとか
そんな感覚でして、
同じ音から見える色は毎回同じというわけで、
連想とはちょっと違う感覚なんです。

例えば
ピアノのソは赤いんだけど、グラデーションでシのシャープ以上は黄色い光で
高いミになると青光りする光とか
同じソでもバイオリンはちょっと茶色がかっていたり

まあ、そんなのが見えるというか
目ではなくて直接脳で認識するような
そんな感覚です。

子供の頃は共感覚があるのに
大人になるといつの間にかなくなって、ない事に気づかない人も多いみたいで。

逆に
大人になっても残っている人にとっては
当たり前の感覚すぎて話す機会もないので
大人になっても共感覚がある事に気がつかない人も多いとか。

同じ音でも、その人によって感じ方は違うんですねぇ。

似たような事で、
私が見ている赤は他の人の目には
私にとっての何色に見えているのか?

とか
考えた事ありませんか?

私はそんな事ばかり考えていた子供でした。

でも
美味しいものはおいしいし、
綺麗なものは綺麗で、
良い音楽は良い。

何が言いたいかと言うと

自分だけ見えたり感じる芸術性は、
他人に理解されなければただの戯言で
ありきたりのメイクや髪型だとしても、
多数の人が良いと思うものを作れなければ何の意味もない

と、いうことです(^^;;

多数派が喜ぶメイクや髪型はすぐに流行がかわって廃れると思った方。

古いスタイルを古く感じさせずに作れなければ
残念ながらそれは
私は基礎が出来ていないです!
と、言っているようなものですよ。
せっかく良い勘の持ち主なのにもったいない(^^;;

自分の感性を発揮できるような、基礎を学びたい方は是非一度
弊社ヘアメイクスクールへ(^^)